ストックフォト記事強化月間開催中

【噂】ソニーのα7 Ⅳは3000万画素台の新しいセンサーを搭載し2021年後半に登場する!?

Sony-A7IV

海外の情報サイトsonyalpharumorsからソニー α7 Ⅳに関する噂が掲載されていたのでご紹介いたします。

噂の内容は以下

第2四半期(第3四半期の可能性が高い)には、新しいα7 IVも入手する予定です。これは私が今日非常に良い情報源から得たα7 IVのスペックです:

・高速な読み出しを備えた新しいセンサーになり、(α7 IIIの)24MPセンサーは再利用されません。

・私の情報源からの話では(センサーは)3000万画素〜3200万画素あたりになります。

・EVFは576万ドットではなく369万ドットになります。

・おそらくLCDも安価な物になりますが、画質とAFは一流になります。

・動画は4K60pで、操作画面は新しいメニューになります。

・価格は2499ドル辺りになります。

sonyalpharumorsより記事内容を一部抜粋、翻訳しています。

同サイトで数日前に流れていた噂ではα7 Ⅲの2400万画素センサーが有力になっていましたが、3000万画素台の新型センサーになる可能性が高まったとのことです。

α7 III

価格とサイズを抑えたミニα7S IIIになるとの予測もありましたが、ここに来て急に新センサー搭載の可能性が出てきたのは2番手を嫌うソニーさんらしい戦略とも思えますね。実際にミニα7S IIIのスペックで出ていたとしたらLUMIX S5とスペックも価格帯も被ってしまいますし、いくらミニα7S IIIと言えどもユーザーに廉価版として認識されてしまえば市場での競争力を失ってしまいます。そうなるよりは新センサー搭載というアドバンテージを武器に新商品として売り出そうという思惑が働いたのかな…なーんて予想ですよ。予想。

綺麗な机の上

まぁ、発売予想は来年の後半ですからまだまだ時間はありますが、色々トラブルで動きの少なかった2020年よりも、2021年はカメラ業界にとって飛躍になるような良い年になってほしいですね!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
記事を気に入っていただけたら、是非以下のボタンを押して応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です