ストックフォト記事強化月間開催中

fumoto.pics_#2の写真を使ってレタッチ方法やテクニックをご紹介

瀬戸内海に沈む夕日

こんにちは、フモトです。
今回はYouTubeのfumoto.pics_#2で撮影した写真のレタッチ方法やテクニックについてご紹介したいと思います。テクニックと言っても初歩的な事しかやっていないので、初心者の方はご参考までに。上級者の方は「もっとこうしたらいいよ」ってご意見をコメントでいただけると嬉しいです!

▶︎YouTube 本編 fumoto.pics_#2 はこちら

  1. 今回のバッドフォト
  2. 今回のベストフォト
  3. 写真のレタッチ Lightroom編
  4. 写真のレタッチ Photoshop編
  5. まとめ
ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキングに参加中。ボタンを押して応援お願いします!

1.今回のバッドフォト

はい、これはもちろんテンションMAXだった瞬間に撮ったこちらの写真です。

港に浮かぶ船
港に浮かぶ船

メインの被写体(船)が中途半端な位置で切れてしまっているため、何を撮りたかったのかが伝わりにくくなってしまっている。また、以上の理由により主役不在になったため視線が定まらずゴチャゴチャした印象を受ける。船を主役として一列に並ばせる事で、奥行きを感じさせる作品に仕上げるつもりだったのですが完全に失敗していました。普段から連写で撮ってれば1枚はこんな写真が撮れることもありますが、狙って撮った上でのこれはただただ酷いの一言に尽きます...
こうして反省に使えるだけ、この写真を撮ったことは無駄では無かったのかも。前向きに考えよう。

2.今回のベストフォト

瀬戸内海に沈む夕日
太陽と船の位置も綺麗に揃い、被写体がはっきりしていてシンプルなのも良い。
赤い灯台
夕暮れ時の淡く優しい背景とは対照的に、赤い無機質な灯台が迫るような力強さを感じさせる。
the 上灘漁港
「the 上灘漁港」とも呼ぶべき構図の一枚。自画自賛でごめんね。

3.写真のレタッチ Lightroom編

未編集の状態
Lightroomで編集前の画面

基本的には3枚とも色調整(カラーコレクション)は行いました。
ただ、本来であればカラーコレクションをするのであればカラーモードをノーマルにした状態でRAWで撮影するべきなんですが、クラシックネガで撮影している上にjpgオンリーで撮っていたため、そこまで大きな調整は行っていないです。(jpgでは写真のダイナミックレンジと呼ばれる様々な情報が失われるため、過度に調整すると色が潰れたり、ノイズが酷く出たりします)

編集後の状態
Lightroomで編集後の画面

こちらが編集後、夕暮れの淡いグラデーションをかすみの除去などの調整で色をはっきり出してみた。灯台の赤と背景の空の紫の数値を上げて、不自然にならない程度に強調している。

4.写真のレタッチ Photoshop編

未編集の状態
先ほどのLightroomの写真より、修正前の電線が見える

今回は灯台の写真だけPhotoshopでレタッチしました。内容は余計な電線を大まかな部分は「修復ブラシツール」で削除し、灯台に繋がる部分のみ「コピースタンプ」ツールで慎重に削っています。

編集後の状態
修復ブラシとコピースタンプで綺麗に除去。スッキリした。

5.まとめ

the 上灘漁港
何気なく撮ったやつが一番好き

今回は狙って撮った写真は外してしまい、何気なく撮った写真が自己ベストになるという結果になりました。まぁ自分はいつも大体こんなんです。そう考えると必ずどの現場でも狙ってベストを撮らなければいけないプロって凄いよねー。ウエディングカメラマンなんて怖過ぎてプレッシャーで吐いちゃうかもしれない。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!
次は何を撮りに行こうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です