ストックフォト記事強化月間開催中

【OPPO A5も対象】楽天モバイルさんで端末代を超えるポイントバックキャンペーン発動中

oppo A5

こんにちは。フモトです。連日暑い日が続いておりますね。
先日、私は業務用にサブ回線を取得したいと思い、格安スマホ(MVNO)を探していました。その際、楽天モバイルが最大26,300円分のポイントバックというクレイジーなキャンペーンをやっていると知り、早速申込してみました。新規契約や乗り換えでOPPO A5(税込22,020円)を購入すれば端末代がタダどころかむしろポイント分黒字になるというちょっと正気を疑うキャンペーン。あらやだ、なんかコワイ。

取引の画像

…さてさてこのキャンペーンは本当にお得なのでしょうか?
昔からタダほど怖いものはないとか、美味しい話には裏があるなんて言いますもんね。ちょっとその辺り徹底的に調べてみました。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

以下目次

  1. 最大ポイントって誰でももらえるの?
  2. キャンペーン対象になるための条件
  3. ここは気を付けろ!注意すべきポイント

1.最大ポイントって誰でももらえるの?

招き猫

最大ポイントって結構曲者ですよね。この手のキャンペーンではなかなか最大ポイントバックされたことが無いので不安だったのですが、今回の楽天モバイルさんのキャンペーンは最大ポイントを簡単に狙えるようです。

あと、このキャンペーンの最大の特徴はポイントバック額が端末代を超えるということ。更には基本使用料すら1年間無料なのである。商売ってなんだっけ?

2.キャンペーン対象になるための条件

ok

最大26,300ポイントをゲットするための条件は以下の3つを全てクリアーしなければならない。まあ普通に新規か乗り換えで端末と一緒にオンライン申し込みして、あとは届いた端末でちょちょいと操作すればクリアできちゃうレベルだと思います。

その1.20,000ポイントバック対象端末を選ぶこと

これはあくまで最大の26300ポイントバックを目指す場合になるが、キャンペーン対象端末は複数あるものの、ポイントバック率が最も高いものは最初に紹介しているOPPO A5AQUOS Sense3 lite2機種になっている。どちらを選んでもよいが筆者のオススメはOPPO A5かな。

その2.Rakuten UN-LIMITにオンラインでお申し込みすること

Rakuten UN-LIMITに加入することが条件になっています。因みにこのプラン、通常2,980円ですがキャンペーン期間中の加入であれば加入から1年間は通話料を除いて無料になる。端末と一緒にオンラインでお申し込みしよう。

その3.Rakuten Linkアプリを使用する事

契約後、Rakuten Linkアプリを用いた発信で10秒以上の通話、メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用することが条件になっている。MVNO(格安SIM事業者)に乗り換えた人ならご存知だと思うが、他社のMVNOでも通話料割引のためにはアプリからの発信が必須になっている場合が多い。

3.ここは気を付けよう!注意すべきポイント

何か利用者しか得しないように聞こえるが、当然楽天モバイルさんも商売である。端末代超えの26,300ポイント+1年間基本使用料無料という定額給付金みたいなことやってたら大変なことになってしまう。楽天市場を普段から利用している人にとってはさしたる問題ではないと思うが、注意すべきポイントもあるので以下を見てもらいたい。

【重要】キャンペーンで貰えるポイントは楽天ポイント

ポイントバックとキャッシュバックを間違える人は居ないだろうが、大事な事なので念のため書いておく。

【超重要】キャンペーンで貰えるポイントには有効期限がある

これ超重要。通常、楽天ポイントの有効期限は1年間だが、今回のキャンペーンで貰えるポイントの有効期限は半年になっている。額が額だけに、うっかり失効してしまわないように注意しよう。

【超重要】楽天ポイントの付与は開通完了月の翌々月

端末を購入しRakuten UN-LIMITに加入したらすぐにポイントが振り込まれる訳ではない。ポイントの付与は開通完了月の翌々月からになるので注意しよう。

【重要】Rakuten UN-LIMITの通話無料はアプリ必須

Rakuten UN-LIMITは通話料無料を前面に押し出してはいるが、これはRakuten Linkというアプリを使用した場合の話。アプリを使用せずに掛けてしまうと通話料金が20円/30秒になってしまうので注意しよう。よくある失敗事例としてスマホの着信履歴から掛けなおしたため通常料金で請求されたということがある。筆者もこれやりがちでした。

【重要】Rakuten UN-LIMITの高速の楽天回線エリアはまだ狭い

データ無制限・高速通信を売りにしているRakuten UN-LIMITですが、2020年8月現在、公開されている高速データ通信が可能な楽天回線エリアは主要都市の中でも極々一部しかありません。つまりほとんどの場合楽天パートナー回線エリアでの通信になるため、月5GB、使い切ったら以降1Mbpsの通信になるので注意しよう。まあ金額的にも他社MVNOと遜色ないし、何より1年基本料金無料ならなんだって許しちゃう!

さて、筆者は既にOPPO A5を楽天モバイルで注文しちゃったわけですが、届いたら楽天の回線とか端末の事とか色々レビューしたいですね。みなさんも是非この機会に試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です