ストックフォト記事強化月間開催中

ローソンの新しいシュークリーム「モアホボクリム」は本当にほぼクリームなのか食べてみた

モアホボクリムのパッケージ

カメラ、ガジェット系ブログを目指しておやつを連投する。
どうも、フモトです。
今回もローソンのネーミングセンス溢れる新商品「MOREHOBOCLIM(モアホボクリム)」についてレビューしたいと思います!

ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキングに参加中。ボタンを押して応援お願いします!
ほぼほぼクリームの説明書き
ほぼほぼクリームのシュー

パッケージにはデカデカとほぼほぼクリームのシューであるという事が書かれている。どこからこんな自信が湧いてくるのか分からない。私は自分の目で確かめてみるまではっ 信用しないっ!

栄養成分標示

まずは栄養成分表示を偵察。1個あたりのカロリーは311kcal。前回のシャリトロールより小ぶりだが、熱量は若干高いようだ。右の「ほぼほぼクリーム」という文言からもデザイナーの熱量が伝わってくる。

パッケージから中身を取り出したところ

ドキドキしながらパッケージを破ると、中から飛び出してきたのは大福のようなツルンッとした丸い物体。なんだこれは…自分の知ってるシュークリームじゃないぞ!もっとモサッとしたやつだったろ!シュークリームってさ!カワイイ!

iphone6sとのサイズ比較

小ぶりで中身スッカスカないつものシュークリームを想像していたが、こいつはなんだか様子が違う…どっしりとして重量感があり、見ての通り結構デカイ。今日の昼飯はこれ一個で十分かもしれない。いや、やっぱりそこはシュークリーム、中身スッカスカなんじゃないの!?
自分の目でっ 見るまでは信用しないっ!

中身ほぼほぼクリームだった

おお、これはまごう事なきほぼほぼクリーム…前回のシャリトロールに続きローソンよ、パッケージに偽り無いにもほどがあるぞ!
ところでこのクリーム、これだけボリュームがあると普通なら胸焼けしそうなところなんだけど、ミルク感たっぷりでありながら、かと言って甘過ぎず丁度いい。おっさんの自分でもぺろっといけちゃう。

決して誇張ではない注意書き

一つだけ注意すべきは、シュークリームを割る際にクリームが溢れ出て吸う羽目になってしまった事だ。…なんということだ、これもパッケージ通りじゃないか!ローソンよ恐るべし!

という事で、ほぼほぼクリームの「MOREHOBOCLIM(モアホボクリム)」は税込み200円で、2020年6月9日から販売中です。後で知りましたが、モアホボクリムは進化型で、先代に「ホボクリム」って商品があったそうです。だから「モア」なのね。

昨日に引き続き今日も至福のお昼を過ごさせていただきました。今日もブラックコーヒーと一緒にいただきました。それではみなさん、今日も一日お疲れ様でした。またね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です