ストックフォト記事強化月間開催中

驚異の高機能格安スマホ OPPO reno3 A レビュー!

OPPO reno3 A

こんにちは、フモトです。
全国1億2000万人の「OPPOってどこのメーカーやねん、でもスマホは安くて機能が良さそうに見えるんやけど、誰か人柱になってくれる?」と思っている皆様、大変お待たせしました。今回はOPPO reno3 Aについて人柱になってレビューをしていきたいと思います。

OPPO reno3 Aについては前回、定価より1万円安く買う方法として(※2020年7月20日時点)でUQmobileから購入した記事をご紹介していますので、検討されている方はそちらもご参照ください。

OPPO Reno3 A防水防塵・おサイフ・大バッテリー全部入りの格安スマホOPPO Reno3 Aを1万円安く買うための代償

以下目次

  • OPPO reno3 Aってどんなスマホ?
  • OPPO reno3 Aのココが凄い!5つの特徴
  • 買ったらこれはやっとけ!操作性が上がる初期設定
  • OPPO reno3 Aの感想
ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキングに参加中。ボタンを押して応援お願いします!

OPPO reno3 Aってどんなスマホ?

OPPO reno3 A black
OPPO reno3 A black

ご存知の方もいると思いますが、ちょっとだけおさらいしますね。
OPPO reno3 Aは中国メーカーOPPOが販売している日本向けにカスタマイズされた高機能格安スマホです。OPPOは日本国内の知名度は高くありませんが、なんと世界第4位のスマートフォンメーカー。日本で圧倒的シェアを誇るiPhoneの牙城を突き崩すべく投入されたのが、ひと世代前のOPPO reno Aでした。

OPPO Reno3 A
写真はOPPO reno3 A

OPPO reno Aは最新のハイエンドスマホやiPhoneなら十万円〜、ミドルクラスでも5万円〜という価格帯の時代に、わずか3万円代で防水、お財布、全画面を搭載しながらミドルクラススマホ並の処理性能を持つ「コスパ最強」スマホとして登場したため、発売当時は大変話題になりました。今回のreno3 Aはその後継機にあたり、今回もその「攻め」の姿勢は変わっておりません。

OPPO reno3 Aのココが凄い!5つの特徴

実際に使用してみた筆者がオススメする5つの特徴をご紹介。それではいってみよう!

その一、顔も指紋も両方できるぜ!ディスプレイ指紋認証機能

顔認証もできるし、親指指紋認証もいける!
「あれ?OPPO reno3 Aって全画面ディスプレイだよね?」
なーんてお気づきの方もいらっしゃる事でしょう…多くのスマホは全画面と指紋認証はトレードオフの関係になっていましたが、なんとOPPO reno3 Aはディスプレイ指紋認証ができるんです。背面指紋認証だと持ち上げないといけなかったけど、ディスプレイ指紋認証ならiPhoneSE2のホームボタンのように親指でタッチすればいいだけ。超便利。

その二、やっぱり時代は全画面!有機ELディスプレイ

筆者はノッチレス派なので、昨今android端末で主流になっているパンチホール型ノッチが苦手。OPPO reno3 Aの涙滴型ノッチはパンチホールタイプのようにフレームから飛び出しておらず見た目がスッキリして綺麗。全画面有機ELの美しいディスプレイは動画アプリを視聴するにはもってこいで、検索やSNSも大画面だと画面内の情報量が多くなるので非常に使いやすい印象。

その三、そんなに必要か!驚異の4800万画素4眼カメラ

こちらはオススメに含めているものの、正直なところそこまでオススメでもない。4800万画素とはいっても画質は普通だと思う。通常モード(4000×3000)と4800万画素モード(8000×6000)の違いはほとんど分からない。4800万画素モードで撮影してもディティールの潰れ具合に違いがないため、トリミング耐性があるわけでもなく、ただただファイルサイズが重くなってしまっていた。(通常5MB程度、4800万画素モードで11MB程度)写真の色合いはビビットカラーのように補正されるため、好みが別れる印象。

こっちが4800万画素
こっちは通常モード、違い分かる?

上は同じ位置から撮影したもの。超広角モード撮影は建物や風景を広がりを持って撮影することができる。しかし超広角モードは800万画素と画質が下がってしまうのが難点。

その四、手ぶらで出かけよう!お財布ケータイ機能

お財布ケータイ機能

あると便利なお財布ケータイ。筆者はPayPay派なので無くても困らないが、都会に住んでいる人には頼りになるはず。モバイルSuicaとか使えるもんね。

その五、悪天候でもなんのその!防水・防塵機能

防水防塵機能

IP68の防水防塵仕様。不意の雨だって、水の中に落としたって大丈夫。この写真撮るためにわざわざ水こぼしました。ちゃんと防水してくれて本当によかった。

その五、結構タフだぞ!4025mAhの大容量バッテリー

4025mAh大容量バッテリー

結構長持ち、大容量バッテリーで急速充電 Quick Chargeにも対応。最近のスマホは3000mAh代が多いので、4025mAhは大容量の部類だと思う。

買ったらこれはやっとけ!操作性が上がる初期設定

買ったばっかのOPPO reno3 Aを設定する

購入したばかりだとちょっと操作に癖を感じたので、やっといた方がいいOPPO reno3 Aの初期設定をご紹介。

自動回転のオン

自動回転をオンにしよう

なぜ初期設定でオフになっているのか理解できないが、オンにしておくのが吉。「設定」の「ディスプレイと輝度」から変更できます。

自動回転オフの状態でスマホの向きを変えると、画面右下に回転矢印のボタンが出現する

自動回転がオフになっていると画面を縦や横に持ち替えても、右下に表示される矢印アイコンを押さないと画面が回転しない。いちいちボタンをタップするのは面倒なので、最初に設定しておきたい。

指紋ー顔認証組み合わせロックを解除

初期設定では顔認証と指紋認証の組み合わせロックがオンになっている

組み合わせロックは両方同時に解除する必要があるため「顔は認識しても指紋が通らない」なんてことがあり、解除に手間取ることが多い。これを解除しておけば指紋か顔のどちらかが認証された時点でロック解除されるため、認証操作がスムーズになる。

OPPO reno3 Aの感想

OPPO reno3 Aを開封したところ

同梱品は本体、説明書類一式、イヤホン、充電器とUSB-Cケーブル、シリコン製透明スマホカバーと画面保護シール(貼り付け済)になっている。中国製スマートフォンはスマホカバーと画面保護シールが付いてくる事が多いらしい。画面保護シールが貼り付け済なのはありがたいし、付属の透明シリコンカバーは質感も良いのでそのまま使っています。格安スマホなのに大盤振る舞いだよね。

透明スマホカバーをつけたOPPO reno3 A

iPhone6sから乗換えとなった筆者にとっては、悲願であった防水・防塵やお財布ケータイ、全画面ディスプレイと、日本向けにカスタマイズされた仕様はとにかく素晴らしい。ひと世代前のrenoAよりCPUが下がっているという話もあったけど、その辺は特に不満は感じなかった。筆者が重いゲームなどをしないからだと思う。まあでも、これで3万円代っていうんですから驚きですよね。どうしてもスペックが欲しいって方は

1万円安く買っておいて、1年後新型iPhoneやandroidスマホが出た時点で買い直す

のもアリかもしれない。筆者は不満が無いので2、3年は使うつもり。ハイエンドなものは必要ないけど、それなりに使えるスマホが欲しいって人にはピッタリハマる、そんな感じのちょうど良いスマホでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です